IT技術者のためのデジタル犯罪論  弁護士 五右衛門(大阪弁護士会所属 服部廣志)

  目  次

加筆訂正履歴

9999-57個別論点・サイトの運営者と違法動画の配信者

9999-56個別論点 ・WIFIただ乗り行為

9999-55個別論点 ・特定商取引法違反(未承諾者への電子メール広告送信など)

9999-54個別論点 ・疑問のあるSEO対策商法事案とその紛争解決の問題点

9999-53個別論点 ・,ネット上の有害情報の管理責任と規制

9999-52個別論点 ・少女チャットと労基法有害労働

9999-51個別論点 ・ファイル共有ソフトと公然陳列

9999-50個別論点 ・児童ポルノアドレス掲示と公然陳列

9999-49個別論点 ・キセル乗車と電子計算機使用詐欺罪

9999-48個別論点 ・ID、パス提供罪

9999-46個別論点 ・技術的制限解除装置等の販売-追加記載

9999-47個別論点 ・違法ダウンロードと接続業者の責任

9999-46個別論点 ・技術的制限解除装置等の販売

9999-45個別論点 ・リンクと名誉毀損

9999-44個別論点 ・ウィニーによるファイル取得と送信可能化、公然陳列

9999-43個別論点 ・麻薬特例法・あおり、唆しの幇助

9999-42個別論点 ・ウィニー訴訟事件、最高裁判決

9999-41個別論点 ・写真と著作権

9999-40個別論点 ・児童ポルノ禁止・京都府条例

9999-39個別論点 ・サイバー攻撃の踏み台

9999-38個別論点 ・無届け出会い系黙認の疑い、掲示板管理者を逮捕

9999-37個別論点 ・ボットウィルスと刑法168条所定の不正電磁的記録

9999-36個別論点 ・ウィルス保管の罪

9999-35個別論点 ・イカタコウィルスと器物損壊罪

9999-20個別論点 ・ネット上の違法情報、過去最高・IHC通報種別と判断基準

9999-22個別論点・違法情報と管轄警察・全国協働捜査方式など

9999-19個別論点 ・ウィルス作成罪成立

9999-34個別論点 ・児童ポルノブロッキング開始

9999-32個別論点 ・マジコン提供の罪

9999-31個別論点 ・児童ポルノ ブロッキング手法

9999-30個別論点 ・わいせつメール大量送信処罰へ

9999-29個別論点 ・ペニーオークション トラブル

9999-23個別論点・マジコン販売に刑罰規制へ・・・追加記載

9999-28個別論点・イカタコウィルス作成、流布と器物損壊罪

9999-27個別論点・ゲームアイテム

9999-26個別論点・違法デジタルデータのダウンロード行為

9999-25個別論点・デジタルデータの無許可複製と持ち出し行為

9999-24個別論点・ネット交番 設置

9999-23個別論点・マジコン販売に刑罰規制へ

988罪数論・整理開始

711デジタル証拠の改ざんなど

9999-21ddos個別論点 ・DDos攻撃ー中国からか

9999-18個別論点 ・2010上半期ネット犯罪検挙数

9999-17個別論点 ・岡崎中央図書館事件

9999-16個別論点 ・パーフェクトダーク

9999-15個別論点 ・DPI

9999-14個別論点 ・医薬品ネット販売規制訴訟

9999-13個別論点 ・出会い系サイト 絶対会えない仕組みと犯罪

9999-12個別論点 ・ブロッキングと表現の自由・通信の秘密

9999-11個別論点 ・違法サイトへの誘導とリンク

9999-10個別論点 ・発信者情報の開示拒絶と重大な過失

9999-9個別論点・闇サイト取り締まり・ネットハンター

9999-8個別論点・P2P観測システム

9999-7個別論点・ネット端末利用規制条例

9999-6個別論点・事前検閲

9999-5個別論点・インターネット上の書き込みと名誉毀損

9999-4個別論点・デジタル万引き

9999-3個別論点・不完全セキュリティコンピーューターの使用継続と法的責任

9999-2個別論点・Shareの作動放置行為の評価

9999-1個別論点・不正行為によるID、パスワードの取得

9999-0息抜き・路端の、開放、道具屋さん

・ 目次末尾 9999-1~以降 記載の 個別論点・クリック参照!!

・ 2010/3
個別論点等追加掲載継続

・ 2009/10/24
Winny事件判決など-控訴審判決・大阪高検上告-追記

Winny事件判決など

・ 2008/3/5
立法の動向-迷惑メール対策-追記

立法の動向

・ 2008/2/7
インターネットと諸法(医師法、、)など

インターネットと諸法
2008/1/28
不正指令電磁的記録(ウィルス)作成など

立法の動向に加筆

・ 2007/8/12
罪数論

罪数裁判例加筆

・ 2007/7/29
国外犯

国外犯処罰規定と国家主権、国際刑事法加筆

国外サーバー運営者に対する捜査加筆

わいせつ物陳列罪と国外犯、インターネット加筆

国外のわいせつ物陳列サイトの紹介とリンク行為加筆

サイバー犯罪に関する条約加筆

・ 2007/3/4
不正アクセス行為についての警視庁の判断基準

警察等の採用する認定基準加筆

・ 2007/2/22
"執筆中版"として、書籍出版実行計画

はじめに加筆

・ 2007/2/20
Winny技術の持つ匿名性

Winny技術の持つ匿名性加筆

・ 2006/10/17・19・21
デジタルデーターと「もの」概念の変容、再評価

デジタルデーターと「もの」概念の変容、再評価加筆

・ 2006/9/10
コンピューター関連犯罪の諸相

コンピューター関連犯罪の諸相加筆

・ 2006/9/6
中立的行為とプラスアルファ行為など

七 プラスアルファ行為加筆

・ 2006/7/4
Winny事件論告、弁論(未了)、判決(未了)など

Winny事件判決などカテゴリー新設

・ 2006/5/30
送受信メールと書証(デジタル証拠論)

送受信メールと書証カテゴリー新設

・ 2006/5/28
ネット環境規制など

ネット環境規制などカテゴリー新設

・ 2006/4/13
法曹に必要なIT知識

法曹に必要なIT知識カテゴリー新設

・ 2006/4/1
悪用IT技術の進化-ワンクリックウェアと法的評価

IT技術悪用者と犯罪に追加掲載

・ 2006/3/25
Winny改善版の開発とWinny事件

Winny改善版の開発とWinny事件への影響などで掲載



トピックス4

ワンクリック詐欺、ソフト開発業者を逮捕
トピックス3

警視庁の不正アクセス判断例
トピックス2

米国連邦最高裁P2P関連判決する。レコード業界、訴訟攻勢強める。
トピックス
札幌高検の大橋検事が捜査研究においてACCS事件判決の検討の連載を開始した。
同連載を参照しながら、大橋検事の論説についての検討も掲載していく予定にしている。

今後の予定
1 デジタル犯罪論の加筆訂正等による充実
2 第二編として、「デジタル証拠論」の記載


・ 2005/7/25
立法の動向など
関連立法の動向を情報窃盗の動向などで掲載

・ 2005/5/29
東京地裁Accs事件有罪判決の具体的不当性について東京地裁Accs事件判決の具体的不当性で、順次、掲載

・ 2005/4/9
ACCS有罪判決Accs事件判決などで、順次、検討開始

・ 2005/2/26
コンピューター関連犯罪・カテゴリー設置(順次、網羅的に掲載する予定)(コンピューター関連犯罪の諸相

・ 2005/2/20
IT技術悪用者と犯罪・加筆(IT技術悪用者と犯罪幇助

・ 2005/2/6
デジタル犯罪の動向カテゴリー設置(デジタル犯罪の動向

・ 2005/2/5
デジタル証拠の特性(原本性の消失、改変性と正真性、保存性など)の指摘と整理(デジタル証拠論・はじめに

・ 2005/2/5
千葉大学石井助教授の論説批判(不正アクセス条項と法益

・ 2005/1/26
不正アクセス条項と法益」というカテゴリーを設置した。内容記載は順次、予定。

・ 2005/1/25
教唆的幇助意思の理論の崩壊」を追記

・ 2005/1/24
Accs事件が結審し、3月25日が判決予定。「Accs事件判決など」というカテゴリーを設置した。

・ 2005/1/23
後注に、前田刑法総論から「不真正不作為犯」の問題点の説明欄を引用するなど追加記載(P2P関連)

・ 2005/1/22
中立行為に関する「教唆的幇助意思の理論」を追加掲載(P2P関連)

・ 2005/1/22
不正アクセス行為の判定の前提としての「利用制御」について、サーバー管理者の主観により決定することの不当性を、例をあげての説明を追加記載。

・ 2005/1/21
「後注」欄を設置

・ 2005/1/19
ソウル央地地裁・刑事抗訴裁判所の「P2P方式のファイル交換プログラムである「ソリバダ」を運営し、著作権法違反を傍助した疑いで起訴されたヤン某(30)被告兄弟に、無罪判決」の報道(朝鮮日報)及び関連項目として、法注書きとして「不真正不作為犯」の説明を追記

 

・ 2005/1/14
「付記」欄を設置した。
電磁的記録に対立する「書面とは、なにか」など関連項目の注意的記載など。

・ 2005/1/13
「不正アクセス行為の判定基準」の項で、金森喜正氏のトラックバックを受け、不正アクセス行為に、ブログラムミスや設定上の不備の場合を取り込むことの不当性を、再度指摘

・ 2005/1/12
「不正アクセス行為の判定基準」の項で、「立法担当者その他の見解の検討など」の付記開始

・ 2005/1/11
「不正アクセス行為」の判定基準の補足説明

・ 2005/1/11
「はじめに」に加筆
本書のように、「不正アクセス行為」に該当するか否かの判定基準を明確に指摘した論考がないこと、そして、情報保護の担当者に必携の書であることを指摘。
「不正アクセス行為」の判定基準を独立項目欄に明記。

・ 2005/1/8
Accs事件判決予測についての判断基準を整理記載-ふたつの判断必要
米国P2P事件無罪判決とWinny事件の異同-加筆

・ 2005/1/7
デジタル証拠論・はじめに、を掲載-問題意識の説明など

 

 

 

 

 

 

編集・出版: 有限会社オブアワーズ 〒921-8815 石川県野々市市本町4-9-38 TEL 050-5532-6587, FAX 03-4520-9614